SDCONF_MAXV評価用生基板が上がってきました。

Boose_image
SDCONF_MAXV評価用基板
ALTERAのMAXV(5M2210ZF256C5N)に、uSDCONF1Aを機能限定で搭載しました。
_
写真のボードは、これを確認するための評価ボードです。
ピン配置は、uSDCONF2Aモジュールのupperコンパチとなっており、XCS[4]~XCS[7]の4本を追加した32ピンのモジュールとなっています。
サイズが600mil 32pinと大きいため、モジュールでの販売は意識しておらず、チップとしてご購入を検討されるお客様向けに、評価用サンプルとして販売を考えています。
_
アルテラのFPGA用に特化して設計しています。
DCLKはMax 100MHzです。
FPPでAESやDecompを選択してx4モードとなっても、SDCardからの25Mbyte/sの読み出し速度を維持することが可能です。
_
アルテラのFPGAに特化して設計していますが、パラメータを設定すれば、Xilinxにも利用できます。
_
販売は、論理をチップに焼きこんだ状態で、ALTERA系商社様経由で販売予定です。
_
リリースまで、今しばらくお待ち下さい。
_
_

コメントを残す

Post Navigation