JTAGに挿すだけFPGAコンフィグ-59JTagStick

[59JTagStick貸出ページへ]
[bar_59JTagStick]
[59JTagStick写真]
[59JTagStick接続例]
[59JTagStick_how2use]
uSDCONF1A03JTagを、基板に実装することなく単独で動作できるようにモジュールにしました。
出来合いの基板に対して、microSDCardからコンフィグレーションすることが可能になります。
uSDCONF1A03と同様に、ALTERAのrbfファイルや、XILINXのbitやbinファイルでコンフィグレーションできます。(メモリ転写コンフィグ)
SPIやBPIが搭載された製品ベースのデバッグで、ROMをいちいち書き換えることなく、迅速に評価を遂行することが可能になります。
SVFファイルに対応しています。(変換が必要です。)
SVFを使った場合、SPIやBPIROMへの書き込みも可能です。
JTAGポートに挿し込むだけで、現地回収も完了です。
ALTERAの2.54mmの5×2の10pinの標準コネクタや、XILINXの2mmの7×2の14pinの標準コネクタが装備された基板の場合、JTagポートに差し込むだけでご利用いただけます。
JTagポートのVCCIO電源で動作します。
  (1.2V~3.6V)
TCKはデフォルト60MHzと50MHzの2つのタイプを用意しており、それぞれCONFIG.TXT上の設定により、分周クロックを選択できます。
また、内部論理を書き換えることにより、デフォルトの値を後から変更することも可能です。
[RoHS]RoHS対応品です。
販売中です。まずは無料モニタで便利さを実感して下さい。(ここから)
59JTagStick取扱説明書_20150417_V1906.pdf
reformSVF取扱説明書_rev1.pdf
 
 

[bar_問合せ・見積]

お問い合わせはこちらから

[問合せへ]
 

ご購入はこちらから

Amazonで購入_
_

下記商社様からもご購入いただけます。
(技術的な質問・疑問等は悟空にお問い合わせ下さい。)

ALTERAをご利用のお客様
  [アルティマ問合せ]   [エルセナ問合せ]  
XILINXをご利用のお客様
[FJEロゴ]
LATTICEをご利用のお客様
[マクニカ問合せ]