JPCA2016(xTech2016)ショーに出展しました。

2016.06.01~06.03、東京ビッグサイトで開催されたJPCA Show 2016に出展しました。
出展内容は以下の通りです。
1. SDCONFシリーズ(写真左端)
2. たたみ1畳の実装工場
a) MINI-X1 卓上オートマウンタ(写真中央)
b) T-937 2300W卓上リフロー(写真右上)
c) AJ-1600GKH 卓上X線検査機(写真右下)
 
今回の主力は2項のたたみ1畳の実装工場。
SDCONFシリーズの少量受注の際に、実際にアセンブリに使っている装置を展示しました。
アセンブリは、少量実装だと、どうしても割高になってしまいます。
1回の発注が10万円程度の実装案件を10回社内で内製すれば、設備費もペイできてしまいます。
xTech2016ブース写真
MINI-X1や、LAB-X1は、オプション無しで100万円を切るオートマウンタ。
TeachingカメラとUp Lookingカメラで、テープ上の部品の位置や、PickUpした部品の中心点、角度の補正を行う優れものです。
0603(mm)のチップからマウントが可能です。
 
T-937 卓上オーブンリフローは、パソコンに接続して、温度プロファイルを設定したり、リフロー内温度を監視することが可能です。
スタンドアロンでも動作します。
 
自前でBGAをアセンブリすると、必要になってくるのがX線検査機です。
今回、卓上タイプの低価格X線検査機を参考展示しました。
 
展示会で配布した資料は、下記よりダウンロードいただけます。
SDCONF関連
たたみ1畳のアセンブリ工場
Madell卓上オートマウンタ パンフレット
AJ1600 卓上X線試験機
悟空会社案内
 
マウンタの詳細ページは以下のリンクからご覧いただけます。
Lab-X1
MINI-X1
SM-300
SX1010
SMT-PLC-2
 
 
6月21日に、下記マウンタ3台が入荷されます。
Lab-X1(オプション:追加Up Lookingカメラ)1台
SM-300 Split Vision 1台
SMT-PLC-2 1台
詳しくはこちらから。
 
 
お問い合わせはこちらから
[お問合せFormへ]

コメントを残す

Post Navigation